ヤンキー女にフェラチオさせた①

高1の夏、クラスの20人ぐらいでキャンプに行った。
キャンプって言っても電車で1時間ちょっとの山へ行って、バーベキューして泊まるだけってヤツ。
川沿いにオートキャンプ場があって、予約したらロッジで泊まれる。
7人用・10人用・6人用と3つ借りて、男女混合で泊まる予定だった。
まだ幼かった俺たちは、もちろん酒の飲み方すら分かってない。
昼間から始まったバーベキューで数人が泥酔し、夜のバーベキューではまた数人が泥酔してた。

情ない話だが、俺は酒が全く飲めない体質。
飲むとすぐ酔っ払ってしまい、マジで意識が無くなるほどぶっ倒れちゃう。
昔オヤジの酒をギャグで呑んでそうなってからは、お前は飲んじゃダメだと医者にも言われてた。
だからこの日も俺は酒も飲まず、ただただ泥酔した奴らの世話係。

まず6人用のとこに泥酔者を集め、呑めない女の子が看病。
続いて7人用の方にも続々と運び込まれてきたので、泥酔者を10人部屋に集めてた。
酔ってない俺も時々様子を見に行って、女の子と変わってあげたり。
それでも酔っ払いは続々と増えるわけで、10人部屋に15人ぐらい集まってしまった。

もう無理だなと他の部屋に運ばなきゃタと話していると、そこにヨロヨロとある生きてきたのが美優。
「もうこっちは眠れないから、6人部屋に行かなきゃダメだよ」と教えてあげた。
「んだよっ・・・だりぃーなぁ・・・」とボヤキながら、美優は扉を閉めて行った。
看病していた女の子が心配になって付いて行ったらしいが、キレられて戻ってきたらしい。
「どしたの?」と聞くと「うるせー」って言われたという。

美優は完全にヤンキー女でした。
公立の高校でしたがそれなりに成績は良い人が集まっていたので、学校でも目立つ存在。
実は勉強したらよくできる子らしいが、入学してからの態度は最悪でした。
俺らみたいなナヨナヨ系には興味も無く、話し掛けてすらこない。
話し掛けるっていうか、多分毛嫌いしてたんだと思う。
同じクラスになってから夏までに、一言も口を聞いた事無かったしね。

見た目はヤンキーだけど結構美人系なんです。
スーッと通った鼻筋やパッチリ二重の目、シュッとしたアゴのラインに7~8頭身はあろうかというスタイル。
頭が小さいからそう見えたんだと思うけど、痩せてるくせに胸も大きいみたい。
口は悪いんだけどあれで普通だったら学年で1番モテんだろってみんな言うほどだった。
まぁ~口が悪いからスグにみんなドン引きするんだけどね。

そんな美優を一応は心配していたので、「じゃ今度は俺が見てくるわ」と女の子に言って外に出た。
6人部屋のロッジはちょうど1番山側になり、15メートルぐらい登った所にある。
ちゃんと登れたんかいなぁ~と思いながら歩いて行くと、案の定途中で座ってる影があった。
「大丈夫か?」と声を掛けると、虚ろな目で俺を見上げてきた。
「チッ・・・・うるせぇーな・・・」舌打ちしてうるせーとは何だ?コイツは、と正直思いました。
でも酔っ払って歩けないわけで、そのままにしておくのもどうかと思いました。
だから無理やり腕を抱えて、二人三脚のようにして歩かせました。
文句を言うかと思いきや何も言わず、ただ俺に抱えられる様にして歩く美優。
それだけ具合悪いんだろうなって思ってました。

やっとロッジに辿りつき、奥にある布団に寝かせました。
布団を掛けてやろうとすると奪い取ってきたので、一応元気があるみたいだし大丈夫かって思っていたんです。
夏と言っても夕方過ぎからかなり冷え込んできてました。
だから冷たい酒をガブガブ飲んでたら、当然体も冷えますよね。
「寒いならもう一枚掛ける?」と聞いてみると「いらねぇーよ」と言われました。
「またしばらくしたら様子見に来るから」と言い残して俺は外に出ました。
酔っ払ってるとは言え、なんつ~言い草だとイラつきました。
まだ河原でバーベキューしてる奴らとだったら、そんな言い方しないくせに。
イライラしながら10人部屋へ戻ると、全員落ち着いて寝てるよと言われました。

しばらく看病してた女の子と喋って時間を潰してました。
もう泥酔者は出ないらしく、美優以降は誰も来ません。
そろそろ寝ようかなぁ~と思ってました。まだ21時過ぎでしたけどねw
河原に行ってそれから寝るかと思い立ち上がると、女の子に言われました。
「アタシは行けないから、美優ちゃんの様子見てきてよ」
「俺も文句言われるから嫌なんだよなぁ」
「イイじゃん、アタシはもっと言われるんだから」
そう言われて渋々様子を見に行きました。

ロッジの部屋を開けてビックリしたんですが、美優が手前まで来てたんです。
一番奥で寝てる筈がなぜ?と思っていると、青ざめた顔で「吐きそう・・・」って言ってきました。
気持ち悪い・・・とさっきまでの元気も無いので、これはマジで具合悪いんだなと思いました。
だからまた二人三脚の様に肩を貸し、更に奥にあるトイレへ運びました。
河原の近くにトイレはあるんだけど、そこよりも近いからそこに運んだんです。
そこは男女兼用のトイレが1つしか無くて、少し汚い和式のトイレ。
薄気味悪いんだけど仕方が無いし、美優をトイレに入れて扉を閉めました。

つづく

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:初エッチ体験談

AV女優"明日花キララ"が贈る脳内支配し奴隷化する禁断のセックスバイブル

ブサイクが女を抱くにはこの方法が1番イイ!!

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ