寝取られ夫婦~後日談⑪

話を戻します。
罪悪感が積み重なってきたんでしょうね。
H後の凹み方や、帰った後の旦那さんを慮るメールなんかが
すごい増えてきました。
ただ快感には勝てなかったようです。
もう数回目には、俺の方が気持ち良いって、認めてました。
やってる時「こんなの初めて」って。
「今までのエッチって何だったんだろう。」って。
でも終わった後、冗談っぽく「心は旦那のモノだから調子に乗らないで!」って
照れてるのか、怒ってるのか、よくわからない表情で言ってました。
「じゃあ身体は?」

「・・・旦那に決まってるじゃん。」
そう言いながら、自分から俺のチンコ咥えてきました。
「タカシのおっきすぎるんだって(笑)」
「でかいの嫌い?」
「わかんない。」
「旦那よりでかい?」
「・・・別におっきければ良いってもんじゃないし。」
「じゃあセックスに関して旦那さんが勝ってる所ってどこ?」
「・・・別にHなんてどうでも良いし・・・シンジ君優しいし。」
ってイジイジしながら言ってました。

ユキが言うには、旦那さんとのセックスは、コタツだそうです。
暖かくて、いつまでもそのままでいたくなるんですって。
俺とのセックスは、ジェットコースターで、強引にどっかへ
猛スピードで連れてかれる感じって言ってました。
でもこの時点では、生は絶対ダメでしたし、
口に出しても、飲んでもくれませんでした。
でもいつ頃だったか、こんな会話がありました。

「旦那さん浮気してるのわかってるんじゃない?」
「え~・・・てか浮気じゃない・・・し。シンジ君一筋だし。」
「でも普通はデートの時点で浮気だと思うけど?」
「あれは・・・シンジ君がそうしろって。」
「でも断れば良かったじゃん。」
「あの時は・・・正直頭にきてたから。」
「他の男とデートしても良いってことに?」
「・・・(無言で頷く)」
「じゃあ今は?」
「え?」
「今は何で俺とエッチまでしてんの?」
「・・・別に。」
「ふーん。」
「・・・シンジ君ってあたしの事本当に必要としてくれてるのかな?」
「ユキはどう思うの?」
「わかんない・・・でもシンジ君に悪くて。」
「今の状況が?」
「うん・・・でも・・・なんか・・・・ううん・・・やっぱりわかんない。」
「なにが?」
「こういう時にさ・・・タイミング悪いよね。」
「だから何が?」
「タカシがさ・・・・結構はっきり気持ちを言ってくれるじゃん。」
「うん。」
「嬉しくてさ・・・正直。だからさ・・・よくわかんなくなってくる。ダメだよね。こんなの。」
「ダメかどうかはわからないけどさ、俺はユキのこと好きだよ。」
「もう・・・馬鹿。・・・でもありがと。」
「ユキの気持ちも聞かせてよ。」
「・・・ごめん、それは・・・聞かないで。ごめんね?・・・でもほんと・・・うん・・・ありがと。嬉しいよ。」
そう言って、ユキからキスしてきてくれました。
その日からエッチは、少し違う感じになっていきました。
ユキから「もっとゆっくりしよ?」とお願いされたからです。
もうイク度に、もう旦那さんには謝らずに、キスしながら
「ばぁか。」って言ってくるようになりました。

デートを許可されて、それで心に隙間が出来たんですかね。
それからは、旦那さんのノロケとかじゃない、ユキからのメールが来るようになりました。
旦那さんと、服の買い物してる時に、俺に写メ送ってきて
どっちが良いかを聞いてきたり、
俺が下着のリクエストすると、その時は呆れながらも、
次のデートには希望通りの下着履いてきたり。
結構エロイやつです。
初めてTバック履いたってモジモジしてました。
旦那さんには、買ったの内緒らしいですよ。
あと髪型も、短いのが好きって言ったら、
切る気満々でしたよ。
でもそれは、流石に旦那さんにお伺い立てたんですって。
そしたら
「絶対長いほうが好きって言われちった(T_T)」
って事で、髪は結局切らなかったですね。
(※注釈 やたらとしつこく「短いのも良いよね?」と聞かれたのは憶えている)

あと今年の夏、ユキと海に行ったでしょ?
もう海のシーズンも、完全に終わったある日、普通に部屋でHしてて、
俺が「今年海行けなかったな~。」って言ったら
「あたしはシンジ君と行ったよ。」
「へ~、どんな水着?」「見たい?」って話になって、
その何日か後、ユキから写メがきました。
たしか平日の昼間で、ユキは休みの日でした。
姿見で写したユキの水着姿でした。
「結構大胆でしょ?(/-\)変じゃない?笑わないでねo(><)(;><)o」 「旦那さんは?」 「仕事(;´д` )」 「ちょっと水着ずらしてみてよ。」 「馬鹿!変態!(*`ε´*)ノ」 でもその数十分後、その写メ送ってきてくれました。 やっぱり顔は上手い事隠してましたけど。 また別の日の会話で 「旦那さんとオヤスミのキスとかするの?」 「ん~・・・あんまり。本当はしたいんだけどね、行ってらっしゃいのとかも・・・」 「はずい?」 「うん。」 「じゃあ俺で練習しなよ。」 「はいはい。」 その日の夜、 「(*⌒3⌒*)ちゅ~」とだけメールが来ました。 その頃には、もうエッチも、自分から服を全部脱いで、 「はいバンザーイして。」って俺のも脱がしてくるようになりました。 その際俺が、リクした感じの下着とか履いてると、モジモジして俺を、じっと見てくるんです。 褒めるとニヤニヤしながら目逸らして「べ・・・べつに・・・」とか。 一回わざと、それに触れずにいたら、叱られた子犬みたいに、ショボンとしてました。 俺たちがそんな感じになったある日、 駄目元である提案したら、OKしてくれました。 本当に駄目元だったんで、OKでたのは、びっくりしました。 二人で同時に休み取って、平日の昼間に遊ぼ?って。 旦那さんが失業する直前の事です。 旦那さんが仕事行ってる間、夫婦の寝室で、 何度も俺たち、やりまくってました。 生で。 中にも出しました。 ネタ元(投稿者がロダにアップした為不明)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:寝取られ体験談

AV女優"明日花キララ"が贈る脳内支配し奴隷化する禁断のセックスバイブル

ブサイクが女を抱くにはこの方法が1番イイ!!

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ