寝取られ夫婦~後日談②

余韻を楽しむのを終えると、俺達はずっと黙ってキスをしてた。
ついばむような軽いキスと、舌を絡めたり、お互いの唾液を飲みあうようなキスを
交互に何度も繰り返してた。
それももう終わりかな?と思うくらいの間が空いても、「まだ」と嫁から求めてきたり。
その時も嫁は時々涙を流してた。
嫁は今回の件について
「嫉妬するあなたを見てたらなんか調子に乗ってしまった。
 信じてもらおうなんて図々しいけど、してる時はいつもあなたの事を考えてた。
 確かに他の人とするのは刺激的で気持ちよかったけど、
 あなたへの罪悪感のが大きくておかしくなりそうだった」
と言い、頼んでも無いのに自分からタカシの携帯アドレスを消して、
「パートも別のとこに移るね」と言ってくれた。

俺はそこでようやく自分の気持ちを
はっきりと言葉で嫁に全部伝えれた。
今回の件は俺が悪いんだから嫁を責める気はない。
でももし今後も黙ってタカシと会ったり、他の男と浮気するようなら考える。
ときちんと伝えた。
でもその後で
「でもやっぱり俺は何があっても嫁とは別れたくないから、
 浮気したくなったらせめて正直に言ってくれ」
と冗談めかして(内心本気ですが)言ったら、
嫁は本気の顔で
「あたしはもうこんなの嫌だから、次はあたしのこと殴ってでも止めてほしい。
 あたしはあなたのお嫁さんなんだから」
と言ってくれた。
そのあと「だから早く子供作ろう?」とキスをしながらねだるように言ってきた。
もちろんそれから何度か交わった。

その後、タカシと会う約束を取り付けて、2人で話をつけてきましたよ。
ただタカシは特に執着を見せずに
「あ、わかりましたー」と軽い感じだった。
タカシが言うには「少し飽きてきたんで」みたいな事を言ってきて
カチンと来たんで今後嫁にちょっかいだしてきたら
出るとこにきちんと出る、としっかり釘を刺すとタカシは、
「はぁ・・・まぁ元々別に本命の娘いるんで大丈夫っすよ」
と何言ってんだこのオッサンは、といった様子だった。
嫁がパートを辞めるのを聞いても
「あ、ハイハイ聞いてます。お疲れ様でした」
って感じで、なんか逆にむかついたんだけが、
まぁこれで一件落着だな、正直安心もした。

ただやはり、本当に中出しをしていないか
どうかだけは確認をしておきたくて
それを尋ねたところ、
「あ、大丈夫っすよ。それは気をつけました。俺と旦那さん血液型違うらしいんで、
もし出来ちゃったらモロバレじゃないっすか。責任取るつもりも無いですしね。
そんなん心配してたんですか?てゆうかお互いただの遊びってことだったんですから、
子供なんて作ってどうすんすか?俺本命いるのに。
だからお互いに恋愛相談しながらヤってましたよ。
俺からは旦那さんにはこうした方が良いんじゃないか?って玉舐めさせたりね。
おだてると丁寧に舐め回してくれましたよ。
その流れで挿れてる時にもっとまんこ締めろよ、って言ったら
素直にぎゅっぎゅって締めてきて『気持ち良いの?』って聞いてきたりね」
と笑われた。思い出すとまたむかついてきたなくそが。
とにかく黙って聞いてた。貧乏ゆすりは止めれてなかったと思うけど。
まぁ中出しは無かったのが本当らしいので安堵したのと同時に、
その流れで少しショックな話も聞いた。

血液型を尋ねたのは嫁からだったそうです。
H中にタカシが嫁に「ゴム外して良い?」と聞くと、嫁がタカシの血液型を聞いて、
そしてそれを聞いて「じゃあ駄目」って答えたそうで。
それは断る理由を見つけたくて、血液型を尋ねたのか、
それとももし同じ血液型なら生でも良かったのか・・・とモヤモヤしました。
まぁ中出しとなると話はまた別だったんでしょうが。
倉庫でした時はゴムも無かったし、就業中だったので最後まで出来るとは
最初から思っておらず、一瞬だけ生で入れようぜって話だったらしいです。
中学生か、と思いました。

そんな話をしつつ、俺はタカシから嫁とのHの内容の詳細を聞いた。
俺に黙って会う以前のも。
事態は収拾してた雰囲気なので、安心してた俺は怖いもの見たさってのもあるし、
でも聞いて興奮したい、というのでは無くて、
単純に何があったのか知っておきたい、と思ったから。
今更ショックはそれほど無かったです。
覚悟はしてましたし、それに喜んでいい内容もありましたから。
ただそれでも聞いてて辛かったんですが、
折角なのできちんと書いて、向きあいたいと思います。
戒めというかなんというか。
ここからは途中俺が質問したり突っ込みをいれたりもしてたんですが省略します。

「俺としてる時も喘いだり本気汁垂らしたりして、かなり感じてましたけど、
基本旦那さんのノロケ聞かされてましたもん。
騎乗位ですげえエロく腰振ってんのに笑顔で旦那さんの好きな所とか
こないだはどこどこに遊びに行ったって喘ぎ声まじりでノロケてくるし。
あとすげえイキまくるんですけどその度にはぁはぁ言いながら
『やっぱり旦那のが気持ちいいや』って意地悪そうに笑ってくるんですよ。
でも俺がまたガンガン腰振ると初めは『んっんっん』って我慢するんですけどそのうち
『やだ!だめ!』『いい!いい!これいい!』ってよがるんですよ。
正直それがすげえ興奮しましたね」

「あとイクの寸止めさせると正常位だろうがバックだろうが奥さんから
切なそうに腰振ってきましたよ。
そういう時に俺のちんこ好き?って聞くと言葉で答えるのは恥ずかしいのか
泣きそうな顔で唇噛みしめて何度もこくこく頷いてました。超可愛かったです。
で、ちゃんと言ったら動いてあげるよって言ったら拗ねたみたいに
キスしてくるんですけど、それも無視してたら結局言っちゃいましたね」

「あと興奮したのは、一回車の中で69やってたら奥さんが体勢変えて
俺のちんこ握りながらキスしてきたんですよ。
俺が欲しい?って聞くと『別に』って言うから
意地悪でじゃあ帰ろうぜって言うと『別に良いよ』って鼻で笑って
そう言ったんで俺は車の運転に戻ったんですけど、奥さんずっと助手席で
しかめっ面で、もうすぐ家着くってところで俺勝手に○○(ホテルの名前)
の駐車場に入ったんですよ。
そんで車止めたら横から抱きついてきてほっぺにチューして、
『タカシのばーか』って笑ってましたよ」

「で、車から降りると向こうから腕組んできました。
Hも結構ラブラブな感じで出来ましたね。
俺いつも他人の彼女とかとやる時する事があって、
正常位の時に俺の事旦那や彼氏だと思って
『タカシのちんこでイって良い?」
って聞かせるのが好きなんですよ。
奥さんも素直にやってくれましよ。
熱っぽい顔で俺のこと見ながらね。
終わった後、手で顔隠して足ばたばたさせてましたけど」

「その時くらいはワリと奥さん本気で俺の事好きだったんじゃないすかね?
もちろんただ雰囲気とスリルに流されただけでしょうけど。
あんま本気になられると俺も困るんで、それくらいの時に
狙ってる子いるんだって話して、それからはお互い
割り切って会ってる感じでしたよ。
奥さんからは誘ってくる事は無かったですけど、
よく『さっき旦那としたよ』とか
『やっぱりこの人が一番』ってメールは来ましたね
まぁノロケ半分挑発半分って感じだったんですかね」

ネタ元(いろんなスレの後日談その4)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:寝取られ体験談

AV女優"明日花キララ"が贈る脳内支配し奴隷化する禁断のセックスバイブル

ブサイクが女を抱くにはこの方法が1番イイ!!

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ