友達の彼女と知ってて③

留美はその後、軽く失神するまでバイブ攻めにあったらしい。
気が付けば終電も終わり、そのまま寝てしまっていたとか。
Aも軽く寝て、早朝また起きて留美の体を舐めまくる。
アソコを舐め始めると目が覚めたらしく、初めは嫌がるも途中からまた喘ぐ始末。

留美にローターを当てさせ、四つん這いのままフェラ。
チンコを口に持っていくと、無我夢中でしゃぶりついてきたらしい。
そしてまた生で入れて、今度は吹っ切れたかのように、留美は濃厚な彼氏にするようなエッチをした。
そしてまた口出され、今度は言われるがまま精子を全部飲み干す。
そして間髪入れずにバイブを入れられ、気が狂ったようにイキまくったらしい。

ぐったりした留美に3回目の侵入をして、3度目の精子を飲ませた時には8時過ぎ。
留美はそのまま爆睡してしまい、昼に起床。
嫌がるのに無理やり一緒にシャワーを浴び、お風呂で1発&精子を呑ませる。
もうこの時留美は立ってられない状態だったらしく、そのままベッドに移動してバイブ攻め。
その後15時ぐらいに留美は帰って行ったらしいが、足腰に力が入らないと笑っていたという。

最悪なのはもっとこの後の話。
これだけでも自慢げに喋ってるAに虫唾が走っていたのだが、Aは気付かず喋りまくってた。
酔ってたから余計喋りが止まらなかったんだと思う。
俺が途中で「なんだよそれ、最悪じゃん」とか言っても、「だろぉ~」って笑いながら答えてたから。

数日後になりAは留美にメールを送った。
留美は迷惑がりながらも返事を返してきて、もうメールしないでと言ってきたらしい。
そんな事は構わず、またしようと誘うA。
しばらくはシカトしてた留美だったが、要するに快楽に負けちゃったんだろうね。
呼び出されるがまま、またAの部屋にやってきてしまい、また死ぬほど昇天してたんだって。

この2回目になると、初めのちょっとだけ以外は、かなり積極的だったらしい。
エッチが終わっても裸で横になりながら会話してたり、彼氏の話も普通にしてたとか。
簡単な話、彼氏にはここまで気持ち良くしてもらった事が無いって話ね。
だったら俺が気持ち良くさせてやるから、彼氏には黙ってれば良いじゃんとAは丸め込んだらしい。

何度も会ってエッチするうちに、留美の変態度も上がる一方。
ついにはAのバイト仲間1名を呼び出し、3Pまでしたらしい。
留美の手を縛ってベッドに固定して、目隠しをしてプレーしている最中に、仲間が訪ねてくる。
留美は「誰?だれ?」と焦るが、手は動かないし目隠しされてる状態。
Aは何も言わずに友達を参加させ、そのまま3Pが始まったんだって。

2つの舌と4本の手で、留美はまたしてもヨガリまくり。
目隠しを取っても、嫌がる事も無く積極的に3Pをこなした。
初めて会う男のチンコをしゃぶり、そいつはゴムをしたらしいが精子を飲まされた。
バイブも使われ3人で6時間以上もエッチしてたらしい。

これに味をしめた留美は、その後Aが連れてくる男を含めて3Pを頻繁に楽しんだらしい。
しかも最高は5Pで、女は留美だけ。
写メや動画などのハメ撮りも当たり前で、車に乗って動いてる状態で3Pやってたり、公園とかで露出とかもやってたんだってさ。
留美は嫌がるどころか楽しんでたってAは言ってた。

その頃になると留美は、「彼氏のエッチじゃ満足できない」とAに漏らしてたらしい。
だから結婚したとしても、このまま奴隷にして下さいって。
生理が始まる寸前になると、留美はおねだりして中出しを要求してた。
3Pとかだから2人の精子を中に出されたりして喜んでたんだって。

卒業とともにAもバイト先の仲間も地方に飛んだりして、留美も地方に就職した。
この就職先ってのが山口の地元らしいのだが、それは次の日に友達から聞いた話。
地方に留美がいってから会わなくなって、結局1回だけしか会って無いらしい。
留美がメアドとか全部変えたらしく、それっきりらしいが、聞いてるとその後山口と結婚してるんだな。

トイレに行ったAを置き去りにして、俺はそのまま店を出た。
すぐに電話が鳴ったけどシカト。当たり前だよな。
次の日に友達から仕入れた話だと、留美は結婚して数カ月後に妊娠発覚⇒結婚1年以内に出産。
デキ婚か?なんてみんなに言われてたらしいが、Aの話を聞いてたからもしかしたら・・・って思う。
こんな話誰にもできないし、すげぇ~嫌な気分なので書かせてもらいました。
吐き出せて少しスッキリしました。
自分の体験談じゃなくて申し訳ありませんでした。

終わり

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:寝取られ体験談

AV女優"明日花キララ"が贈る脳内支配し奴隷化する禁断のセックスバイブル

ブサイクが女を抱くにはこの方法が1番イイ!!

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ