1人旅エッチ体験③

友達はというと「スースー」と少し大きめな寝息をたてて寝ている。
だからカヨコの手を俺の股間に持って行き触らせてみた。
「すごぉい・・んあぁぁ・・・固くなってるねっ・・・」
お互い股間を弄り合いながらキスをした。
カヨコの手が浴衣の中に入ってきて、トランクスの中でチンコを握ってきた。
「こうされたらスグイッちゃう?」
ニヤニヤしながらチンコを握ってシコシコしてきた。
「俺は早漏じゃないから大丈夫w それよりこんなに濡れてるけど?」

指をゆっくり入れてみると、カヨコの手に力が入り始めた。
彼氏は手コキ禁止だからなのか、微妙に手コキがヘタw
中指が奥まで入って奥を刺激してやると、もう手コキはすっかり忘れて抱き付くだけのカヨコ。
クチュックチュッと音がするたびに友達を警戒してたけど、それ以上に興奮してたみたい。
もう自ら積極的にキスしてきては舌をベロベロと絡めてくるし、アソコもギューギュー締め付けてくる。
2本目の指を入れると腰を自ら浮かしつつ、もっとしてくれ的な姿勢になっていった。
それじゃ~と少し強めにG辺りをグイグイグイ~ッと刺激すると、我慢の限界だったのか声が漏れてしまった。
「はあぁぅんっ!」
この声には俺もカヨコ自身もビックリしたらしく、動きを止めて友達を観察した。
数秒間息を止めて観察したが、友達の寝息はリズミカルに続いていた。
「そんな声だしちゃダメじゃん」
「だってぇ・・・アタシもビックリしたぁw」
「そんなに興奮してるんだ?やらしいね」
「もぉ~~」

その後軽くまた指マンをしつつキスを楽しんだが、これ以上は無理っぽい。
だからカヨコを立たせて風呂場へ行った。
安い部屋だけど一応風呂とトイレはある。
ユニットバスタイプのその部屋は、手間に便器があって奥に風呂がある。
服を脱ぐ場所と洗面所もあるんだけど、そこで寝かせるわけにもいかない。
だから洗面台に腰かけさせて、足を広げてクンニした。

クンニは恥ずかしいと嫌がってたくせに、いざ舐められると淫乱そのもの。
俺の後頭部をアソコに押し付けるし、指を入れてクリを舐めると反応しまくり。
さすがに声は出せないから口に手を当ててたけど、「んひうっ」とか「んあっ」とか聞こえてた。
モテない君の俺はセックステクニックだけは熱心に勉強してますw
不細工で下手だとどうしようもないから。
だから今まで学んだテクニックをフル稼働させて、最高のクンニを披露すべく頑張った。

この努力が報われたらしく、必死でクンニ&指マンする事10分ぐらい。
「ダメッダメッ!イッちゃうからっ!ダメッ・・んぁぁっっ・・・イッちゃうっっ!」
小声でそんな事を言いまくりながら、最後は腰をガクッと大きく震わせて昇天したらしい。
イッた直後も腰を震わせてたから、結構深めにイッちゃってたみたい。
下手すると洗面台から滑り落ちそうになってたし。

キスをしながら「気持ち良かった?」と聞くと「凄過ぎw」と笑われた。
そのひと事と笑顔で大満足だった俺は、とりあえず友達の様子を見に戻った。
友達はというと口を半開きにしながら爆睡中。
それを見てカヨコと笑ってしまったが、座ろうとしたらカヨコに手を掴まれた。
そのまままた洗面所に連れて行かれて、今度は俺に座れという。
洗面台に腰掛けるとカヨコは笑みを浮かべながらキスをしてきて、チンコをグイグイ弄ってきた。
そのまま下に移動していき、なんとトランクを脱がせてきた。

浴衣は着てたけどトランクを脱いだい状態の俺。
カヨコの目の前には勃起したチンコが露出してて、それを見てシコシコしながらまたキスされた。
激しく舌を絡めたかと思ったらそのまま腰を引いて行き、今度は亀頭にキス。
生温かいまったりとした舌が亀頭を舐め上げ、丁寧に裏スジを舐めてくれた。
玉袋を触りながらのフェラを堪能したわけだが、彼氏を思い出してか手コキの事を聞かれた。
「だいじょうぶ?触っても」
「全然大丈夫だよ」

安心したのかフェラをしながら根元を握り手コキを開始。
やっぱり慣れてないみたいで、手コキがぎこちない。
それでも俺にとっては天にも上るほどの気持ち良さだった。
我慢できなくなった俺は胸の谷間から手を入れて巨乳を弄った。
乳首をコリコリすると咥えながら反応してくれるし、ホント最高の気分だった。

「疲れちゃったw」と笑いながらフェラを止めたカヨコにキスをし、浴衣を左右に開いた。
ホックを外すと形の良い綺麗なお椀形の巨乳が。
むしゃぶりつくと抱き締める様にしてくれた。
乳首を甘噛みしたり吸ったりしながら、片方はクリクリしまくり。
キスをするとカヨコはチンコを握ってシコシコしてくれる。
「入れちゃう?」キスをしながら聞いてみた。
「・・・うんっ・・・」恥ずかしそうにいうカヨコが猛烈に可愛く見えた。

つづく

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エッチぃ体験談

AV女優"明日花キララ"が贈る脳内支配し奴隷化する禁断のセックスバイブル

ブサイクが女を抱くにはこの方法が1番イイ!!

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ