妻が浮気をして妊娠③

それから数日後に帰宅すると、やはりアヤノは23時過ぎなのに料理を作って待っていました。
その日も私のベッドに入ってきて誘ってきましたが、やはり私は断りました。
そんな行為が3回あり、私は確信しました。
そして私は本当に忙しくなり、週に3日は会社に泊り、週末の土日は地方へ行っていました。
問題が起きたのはそれから3カ月ほどしてからです。

家に帰るとなぜかアヤノのご両親もいて、ニコヤカに私を待っていました。
そこで言われた一言。
「やっとこれで一人前の男になれるな」でした。
何の事ですか?と聞くと、アヤノが妊娠しているというのです。
やっぱりな・・と思いました。
そして私の怒りは最頂点に達したんです。

「身に覚えはありませんけど」と。
一同唖然としていました。
私の子供でもないくせに、私に押し付けようとするアヤノ。
それを知らずに喜ぶご両親。
アヤノに対して怒りがさく裂しました。

隣の部屋に引っ張っていき、どういう事かと問い質しました。
既に妊娠3カ月になっていて、病院で確認してきたと云うんです。
でも3カ月4カ月前は何もしてないぞ?となります。
するとアヤノはシレーっとした態度でこう云いました。
確か4カ月近く前、アナタが酔って私を抱いた日があったと。
泥酔して帰ってきたから記憶にないんでしょと。

分かったと。
そこまで言うのなら、俺の子供なのか調べてくれと言いました。
そうに決まってる!ヒステリックに叫ぶアヤノの声を聞き、お父さんがやってきました。
私は事情を説明し、身に覚えもないので認知できないと答えました。
お父さんは意味が分からないという顔をして、アヤノをなだめ、最後は私を怒鳴りつけました。
私は着替えをスーツケースに入れ、その日からホテルへと泊り始めました。

それから数日して、お父さんと2人で夜食事をしました。
お父さんは、事情がよく分からないから説明してくれというので、私はレス&家庭内別居の事を話ました。
アヤノの金遣いや家にいない事も全て。
それでも君の子なんだろ?というお父さんでしたが、以前ほど強気ではありません。
薄々もしかして?と思いだしたんだと思います。

だから私は言いました。
自分の子供かどうか、DNA検査して下さいって。
お父さんも「じゃ~そうしよう」って言ってくれました。

専門機関でDNA検査すると私やお父さんに言われたアヤノは、ヒステリックに攻め立てました。
私の子供に決まってるじゃない!と断固として受けないのです。
その姿にお父さんは不信感を抱いたようです。
私は聞いていませんでしたが、アヤノを説得したみたいなんです。
多分わたしの子じゃなくても良いからって話だと思います。
渋々検査を受けた結果、当然のように私のとは一致しませんでした。

アヤノは申し訳ないという態度でもなく、もしろ開き直っている感じでした。
だから言ってやったんです。
「離婚したいから、弁護士をたてる事にしたよ」と。
アヤノは何も言いませんでしたが、お父さんが「待ってくれ」と言ってきました。
それでも私は顧問弁護士に紹介してもらった弁護士に依頼して、裁判をする事にしました。

アヤノの浮気相手は、初めのうちは逃げ回っていましたが、見つけてみると21歳のホストでした。
調べた結果、毎月100万位の収入があるらしく、それなら慰謝料を請求しましょうって。
私の子じゃないと分かっていたくせに押し付けようとしたアヤノ。
しかもその後も悪びれるわけでもない態度に、弁護士もご両親も呆れ顔でした。

最後は穏便にという事で、お父さんは私に財産を提供する事を約束しました。
そりゃそうですよね。
お父さんの会社とは仕事上でも付き合いがあって、変な噂を流されたら最悪ですから。
詳細は書けませんが、かなりの資産を提供してもらいました。
でもその半分はお返ししましたけどね。
お父さんの資産をもらっても心が痛むだけですから。
アヤノ名義のモノは頂きましたけど。
その全ては即売却したりして、一切処分もしました。

あれから3年が経ち、噂ではホストが新しい旦那として一緒に暮らしているようです。
お父さんが許さないらしく、ご両親と同居していると言っていました。
浮気に気が付かなかったら、今頃はどうなっていたのんでしょうかねぇ。
毎月ホストに三桁の金を使い、しかもセックスまでしててそれを知らなかったら・・・
しばらくは女なんていらないって今でも思っています。

終わり

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:寝取られ体験談

AV女優"明日花キララ"が贈る脳内支配し奴隷化する禁断のセックスバイブル

ブサイクが女を抱くにはこの方法が1番イイ!!

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ