上司をヤリまくった日々①

2年前まで勤務していたのは、ネット関連の会社でした。
地獄のような激務で倒れるヤツは週1人は出るし、かなり同僚たちの頭もおかしくなってたと思う。
ヤバい時なんて週4日とか泊まり込みだったし。
それでも給料がイイなんてもんじゃなかったから、俺を含めてみんな辞めずに頑張ってました。

確かあの当時28歳だったと思うが、女の上司がいました。
黙ってればかなり綺麗。スーツをいつも着ていて、デキるキャリアウーマンって感じ。
現に仕事もできる人だったし、上の人達には相当好かれてたと思う。

あ、スペックね。
確か28歳で独身、彼氏がいるとかは聞いた事無し。
165cmぐらいでスレンダーなんだが、胸は見た目じゃ分からないほどの巨乳。
自分じゃDカップとか言ってたけど、多分EかFはあったんじゃないかな。
綺麗な黒髪で若干キツめというかハデ目な顔立ち。
取引相手とか他の部署の人達には、小雪っぽいとか言われてたらしい。
というわけで名前はユキ(仮名)
ちなみに俺は当時24歳。

常に忙しい毎日だったんだけど、3年前の夏はマジで死ぬかと思った。
家に帰れない日々が続くし仕事はガンガン入ってくるしで、同僚の一人が過労で入院したほど。
みんなテンパりまくりでストレス溜まりまくりだったんだと思う。
些細な事で言い合いになってたり、上司はスグにキレるしで大変だった。

気合だけで乗り切ってやっと残り一件になったある日、ユキと偶然遭遇した。
住んでるマンションとかも知らなかったから、すげぇ~偶然だったと思う。
土曜日に大学時代の友達と部屋呑みする事になり、15時ぐらいにそいつんとこに行ったんです。
近くのスーパーへ買い出しに行き、男2人で慣れない食材選びをしてました。
トウモロコシの缶詰を探して歩き回っていると、なんと上司のユキがいたんです。

なぜか俺はササッと身を引いて隠れてしまいました。
何でこんな所に??と思い、棚の陰からコッソリ覗いてました。
ユキは商品を手に取っては戻してて、動く気配がありません。
なので遠回りして缶詰を取ってきたんだが、その動きで俺は最悪な現場を目撃してしまいました。
商品をカゴに入れながら自分のバッグの中に落とし込むユキ。
完全に万○き中という現場です。
で、もっと最悪な事に、ユキからの死角にあたる場所に店員がいて、店員も万○きに気が付いてるっぽい。

そこからは時間が止まってるような気分でした。
店員が店員を呼びヒソヒソと相談。何も気が付いて無いユキは、見られてるのに気が付かずに万○き連発。
そして何食わぬ顔でレジへ向かい、会計をして袋に商品を詰めてました。
どうしよう、どうしよう、と思っていると、ユキは袋を下げて出口に向かって行きました。
だから俺は勇気を出して声を掛けたんです。

「こんちはぁ~」
俺を振り返ったユキの表情は虚ろで、誰?という表情でした。
でもスグに俺だと気が付き、引き攣った笑顔で「どうしたの?こんなとこで」と言ってきました。
もうダメだと思って俺はユキに近付き、小声で言ったんです。
「さっきから万○きしてるのバレてますよ、もう一回戻って会計しましょうよ」
ユキは「えっ?えっ??」と焦りまくりです。
だから強引に腕を掴んで「俺今日シチュー作ろうかと思ってて、何入れればイイのか・・・」とわざと喋りました。

俺に引っ張られながらユキは無言のまま奥の方へ付いてきました。
歩きながら「商品出しましょうよ」というと、素直にバッグから続々と出してきました。
それを戻しながら歩き、全部戻してから「帰りましょう」って。
終始無言だったユキでしたが、俺たちの行動を店員が見てたみたい。
何も言われなかったけどすげぇ~睨まれてましたし。

外に出てスグに、ユキはうな垂れたままガードレールに座りました。
「ありがとう・・・・」
「いや、大丈夫ですか?何であんな事」
「分かんない、なんとなく・・・」
「疲れがピークなんじゃないっすか?休んだ方がイイですよ」
「そうかもね、ゴメンね?変な事にまき込んじゃって」

聞いてみるとユキはそこから10分ほどのマンションで暮らしているという。
心配ったから友達を先に帰して、俺はユキを送って行きました。
高層マンションの2○階で確実に俺の家賃の倍以上のマンション。
玄関先まで送っていた時に見えたんだけど、ホントに独り暮らしか?ってぐらい広々としてた。

気分がのらないまま友達と呑み、日曜日の夜にユキから電話がありました。
当然あの事は誰にも言わないでくれという内容とお礼。
それと今度の金曜日に食事を御馳走したいという。
チクルわけもないので約束をして、金曜日に御馳走してもらう事になった。
青山で待ち合わせして向かった先は、半個室になってる鉄板焼き屋さん。
「もう好きなモノ食べてイイから」と言われメニューを見てビックリ。
肉は万単位だし魚介類も1万円前後で、ユキが頼んだワインは5万ぐらいだった。

つづく

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エッチぃ体験談

AV女優"明日花キララ"が贈る脳内支配し奴隷化する禁断のセックスバイブル

ブサイクが女を抱くにはこの方法が1番イイ!!

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ