寝取られた報復④

そのテクニックを今見せる時だ!って事で、ルミに対して全力でぶつかっていった。
風俗嬢公認?のクンニを披露してやると、ルミはシーツを握り締めながら喘ぎまくり。
クリだけでもイッちゃうかも?!て反応だったから、指を入れてクリ舐めしつつイキそうになると焦らす。
何度も焦らしまくりを繰り返していると、明らかに喘ぎ声に変化があった。
遠慮がちに「んあっ・・・あっ・・あんっ」と小声で喘いでたくせに、焦らしまくると「んあぁぁぁーっ!だめっだめっ!あっあっっ!!んもぅっっ!!んあぁぁっっ!!」とデカい声で喘ぎまくる。
膣内もグニグニと動いてたし、こんなに悶えるか?と思うほど感じまくってた。

子宮口を優しく刺激したり、その周辺を刺激すると凄いのね。
狂ったように感じるってのはこんな感じか・・と思っちゃうほど、俺は冷静だった。
あんなに喘ぎまくられると逆に冷静になるから不思議w
指を入れて動かしながらチンコを顔の方に近付けてみた。
目を閉じて喘ぎまくってたんだけど、唇にチンコがついて気がついたルミは、当然のように舌を亀頭に絡めてきた。
ここまで変わるもんかねぇ~と冷静に見下ろす俺がいましたw
裏スジをベロンベロン舐めまくり、喘ぎつつの舐めまくりがまたやらしい。
枕を頭の後ろに入れてやると、激しくチンコをしゃぶってきた。

風俗以外でこんなエロい反応は初めてだった俺は、少し有頂天になってたのも事実。
ピコンと勃起した乳首を見ながら、かなりの優越感に浸ってた。
でもすぐに元カノの事を思い出し、まだ案しちゃダメだと自制した。
必死に覚えた腰の動きを試す為、ゴムをつけて正常位で挿入。
風俗嬢にも内緒で手伝ってもらった腰の動きを試す機会がやってきました。
子宮を亀頭で刺激する腰の動きなんだけど、子宮がどのくらい落ちてきてるかによって体位を変える。
案の定ルミの子宮はかなり落ちてきていたので、正常位でも十分届く距離だった。

足を閉じさせて肩に担ぎ、子宮を亀頭でグリングリンするように動きまくった。
多分Aにも開発されてたんだと思う。
しょっぱなから大絶叫で、感じまくりのルミ。
子宮口のコリコリした感触が亀頭に当たってきてて、俺も気持ち良かった。
でも我慢しつつ子宮を攻撃しまくると、ほんの数分でルミは大絶叫のまま昇天。
昇天した時に太ももとか痙攣しまくりだったし、かなり暴れててビックリした。
風俗嬢はここまで激しくイカなかったから。

普通だったらそこで休憩とか取るのかもしれないけど、関係無く腰を動かしまくった。
ルミはすぐに復活したかと思ったら、何言ってるか分からない喘ぎ声を発しつつまた昇天。
奥にチンコを押し込み、子宮に亀頭を押し付けていると、それだけでもルミは連続で昇天する。
面白いようにイキまくるルミを見て調子に乗った俺は、亀頭を子宮にグリグリと擦りつけまくった。
何度も何度も仰け反ったり異様な声を発したり、足は痙攣しまくりで本気でヤバかったんだと思う。
それに気がつかなかった俺は腰を振りまくっていると、とうとうルミが失禁して失神しちゃいました。
生温かい液体の感触があってルミが脱力してるのに気がつくまで、懸命に腰を振りまくりです。
だから失神してるのに気がつかず腰を振ってたってわけです。

初めて失神する子を見ちゃったんで、焦った俺はルミのホホを叩いたり体を揺すって覚醒させた。
なんとかスグに覚醒はしたけど、ルミの目は昇天の合わない感じでまるで人形状態。
それでも俺が腰を動かすと苦悶の表情で喘ぎまくり。
アソコの締まりも強烈で、久し振りの素人とのエッチに興奮してた俺は、なんと正常位だけでフィニッシュ。
ルミはその後気絶したかのように爆睡しちゃって、朝も体が変とか言ってた。

Aにも開発されたんだろうけど、ここまでぶっ飛んだのは初めての経験らしい。
途中から記憶も飛びまくりで、失神したのも覚えてないみたい。
朝になって失禁した濡れを見て、なんで???と思ったらしい。
夜にAからの電話やメールがあったみたいだけどシカトしちゃってたから、朝から言い訳の電話してて笑えたけどね。
堂々と俺の目の前で言い訳する姿を見て、こりゃ~想像以上に悪女だなって思った。

仕事に行って昼前にミユキに報告すると、すげぇ~喜んでて笑えた。
もっと笑えたのはルミの行動。
その日は勿論それから毎日のようにメールしてきて、また会いたいの連発。
1回で会うのはやめようかと思ってたのに、結局2回目もスグに会う事になった。
もうルミは期待しまくりだったらしく、今度は渋谷のラブホに連れ込んで初っ端から喘ぎまくりの狂いまくり。
ゴム無しでチンコは受け入れるし、四つん這いになってのフェラはエロかった。
その日も失神寸前まで感じさせたら、朝起きた時に「お目覚めのフェラ」まで披露してくれた。
出ようとした玄関前でもフェラしてくれて、相当俺とのエッチには満足してたみたい。

ルミからの誘いが多くなり会えば朝までヤリまくるようになってた。
次第に俺との関係がセフレに近い感じになってきてて、Aとの電話中にもバックで入れてたりするようにもなってた。
結局ミユキが気に行ってた先輩とはスグに切れて、俺とAの2人に絞ったみたい。
ミユキが喜んでメールしてきてたから、社内でも明らかな態度だったんだと思う。
慣れてきたルミは俺の部屋に泊まるようになっていて、オモチャを使ったりオナニーさせたりと変態プレーをするようになっていってた。
なんかAへの復讐とかも頭から消えちゃって、途中からは単なる性欲を満たす女って状態になってた。
それはルミもそうだったんじゃないかと思う。
俺と付き合うとかそんな話もしなくなってたし、彼氏とするより俺としたいとか言ってたし。

肉体関係になってからもう4カ月以上になるんだけど、未だにルミとは濃厚な関係が続いている。
もちろんAとの付き合いも続いているみたい。
今ではAでは物足りなくて、欲求不満になるとルミは言っている。
部屋でTV見ている時はヒザ枕してるみたいな姿勢になりつつチンコをしゃぶるし、喜んで精子も飲むようになってる。
このままAと結婚したら・・・と思うと、これが復讐になるのかも?なんて思う今日この頃。
やっちゃいけない事をしているのは重々承知してるんだけど、何気にルミの体から離れられない俺も情ない。

あまりエロい描写が無かったと思うけど、最後まで読んでくれて感謝します。
それではこれで終わりです。お疲れっした!

終わり

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:寝取られ体験談

AV女優"明日花キララ"が贈る脳内支配し奴隷化する禁断のセックスバイブル

ブサイクが女を抱くにはこの方法が1番イイ!!

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ