ダラしない体の淫乱狙い②

また会ってくれるって話だったから今度は土曜日に会った。
ランチ食べてフラフラしてからそのままラブホ。
ぶっちゃけ久し振りにセックスしちゃったもんだから、アレ以来体が疼いて仕方が無かったみたい。
いつもの「旦那じゃないんだから欲求に素直になりなよ」パターンに持ち込んでみた。
初めはちょっと躊躇してたけど、クンニでイク頃には狂ってたね。

自分で両足を抱えて俺にクンニされてる姿は俺も萌えた。
サービス精神も旺盛だから、フェラチオなんて最高でしたよ。
ちゃっちゃと舐めて終わり~って女の子いるけど、彩は時間を掛けてじっくりねっとり舐めてくれるし。
言わなくても玉袋や蟻の門渡りにまで舌を伸ばすし、慣れてきた頃にはアナルも舐めてくれてたし。
クンニで一回イッてからもクンニはヤメずに、指を入れてのクリ舐めで最高に狂ってた。
ぽっちゃりしてるけど顔は上戸彩似だからさ、それはもう至極の時ですわ。
「もっとぉ・・もっと舐めて下さいっ・・・!」
「オマンコ舐めて下さいっ!おねがいっ・・」
2回目にしてもう淫語を連発するかねって呆れるぐらい、彩の性欲は「絶倫」って感じだった。

俺には気を使わなくてもイイ、ぽっちゃりしてる体も隠さなくてイイ。
思いっ切りエロく我を忘れても、俺には嫌われないんだ。
そう教育していったから、2ヵ月ぐらいでもう立派な変態絶倫人妻になってた。
バックでケツを引っ叩かれると興奮して感じまくるドMだから、命令系が大好きなわけですよ。

俺が1番萌えたっていうか興奮したのは、彩の会社が入ってるビルでセックスした事。
不景気だからいなくなっちゃってるフロアーがチラホラあったわけ。
ちょうどあの時、彩の働いてるフロアーの1つ上が空いててさ。
前からヤッてみたかったから誘ってはいたんだけどタイミングが合わなくてね。
ある時偶然彩の休憩時間とあったもんだから、メールで呼び出してまずはフェラチオ開始。
エレベーターの前でまずフェラチオさせたんだが、チ~ン・・・チ~ン・・て音が鳴るじゃない?
その音にビクビクしながらマゾの彩は興奮しまくり。
彩って興奮しまくってくると、なぜか亀頭ばかりを激しくチュポチュポする癖があるから分かりやすい。

フェラを十分堪能してからエレベーターに向かわせて、スカート捲りあげて後ろから巨乳を揉みながらの手マン開始。
いつ扉が開くか分からないから、彩の興奮度は絶好調だったと思う。
間違えてボタン押さない限り開く事はないんだけどさw
立ってられないほど興奮してたみたいで、ヒザがガクガクになって俺にしがみ付いて必死な姿勢。
「そんな声出すと聞こえるぞ」って注意しても止まらないぐらい喘ぎまくり。
「んっ!あっ!あっ!んあっ!だめっ!やっ!あっ!あっ!」みたいなね。
パンツとパンストを太ももまで擦り下げて陰毛丸出しのまま立たせて手マン。
エレベーターの扉が開いた瞬間そんな女が目の前にいたらビックリですよねw
ビチャビチャ音も鳴りまくりのマンコを触ってると、モノの数分で絶頂でした。

鍵が閉まってて奥の部屋には入れないから、廊下の一番奥に行って立ちバックで入れた。
制服のボタンを開けさせて巨乳を引っ張り出し、いつもの通り乳首を強めに愛撫しながらパンパン突きまくり。
ヒザがガクガクブルブルの彩は口に手を当ててたけど、明らかに聞こえまくりの喘ぎ声を発してた。
両乳首をつまんで引っ張りながら奥を突きまくってたら、突然ヒザが折れて床にへたりこんじゃってね。
四つん這いになってケツがビクビク痙攣してて、過呼吸状態になって苦しそうに喘いでた。
後ろからケツを左右に開いてマンコをパックリ開いて、濡れまくりの状態を見て萌えたなぁw
俺の支持なんだけど、もうその頃は彩のマンコはパイパンだったしね。

そのまま指を2本入れて刺激しまくるとまた喘ぎ出し、そのままバックで挿入。
ゴムなんてしてないし床に出すわけにもいかないので、当たり前のように彩の口の中に出した。
彩も「飲みたいですっ!飲ませてっ!」とか言ってくれてたし。
その日の夜にきたメールで、面白い事が書いてあった。
あの時「飲ませて」と言った時、これからまだ仕事があるのに、精子を飲んだ口で仕事しなきゃいけないんだ・・・
上司や同僚たちと喋ったりする事を考えたら、もう頭がおかしくなるぐらいスパークした・・・んだってさ。
精子臭い口で・・・とか考えてる変態女なんですw

2年近く付き合ってて相当ヤリまくってました。
多い時は週3とかw
でもヤリ過ぎたのか、彩の体が変わってきちゃってね。
腰にはクビレができちゃって体重もみるみるうちに落ちていっちゃってさ。
俺と初めて会った時より10キロぐらい痩せたって言ってた。
巨乳は健在だったからそれはそれで俺的には良かったんだけど、すげぇ~誤算だったのは旦那さんね。
着替えてる姿にムラムラしたらしく、久し振りにセックスしたんだって。
「こんなにスタイル良くなってるなんて知らなかった」とか言いながら、それ以来毎晩のように求めてくるようになり・・・
んまぁ~必然というか中出しもしちゃって妊娠という流れ。

妊娠発覚後には俺も初めての中出しをするようになって、少しお腹が大きくなるまでヤリまくってた。
でもやっぱり胎児の為にとヤラなくなり、メールはしてたけど仕事も辞めて実家で出産。
子供見たらもう会わない方がイイと思っちゃって・・なんて言われてTHE END。

ダラしない体して巨乳をブルンブルン揺らしながら、我を忘れたように自分の快楽の為に腰を振りまくる女。
今でもやっぱり街中でも目で追ってしまう変態の俺w
彼女もできて満たされているんだが、どうにもあの興奮は得られてない。
エロ描写も少ないのに最後まで付き合ってくれた皆さん、有難う御座いました。
それでは次の人に席を譲ります。

終わり

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:人妻熟女体験談

AV女優"明日花キララ"が贈る脳内支配し奴隷化する禁断のセックスバイブル

ブサイクが女を抱くにはこの方法が1番イイ!!

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ