初対面の男たちにクンニされる女③

「おい見てみろよ、ほら、周りで皆がシゴいてるぞ」
「いやぁぁぁっっんっ・・・なにこれっ・・・んはぁぁぅぅっ・・・・あぁぁんっっ!」
3人のオヤジに舐められて悶絶する姿を見ていた男たちは、我先にと亜希子の体に近付いてシゴいていました。
そのチンコを亜希子はガン見していて、自ら手を広げて床にベッタリつけていました。
「興奮してるんだろ?これがやりたかったんだろ?」
「だめぇぇっっ・・・んぁっ・・・したかったのぉぉっっ!いやぁぁっっんっ」

乳首に吸い付いていたオヤジ2人が立ち上がると、交代ゴウタイで男たちが手を伸ばして触りまくるんです。
乳首を摘まむモノ、クリクリと動かすモノ、揉みまくるヤツ、ブルンブルン揺らすヤツ。
十人十色とはこの事だなと笑いそうになりました。
決めていた30分はすぐに経ち、今度は一斉に射精大会になりました。
我先にと顔射するヤツや、なぜか胸に射精するヤツもいました。
不動産のオヤジを含めて2人だけ出せそうになかったので、それ以外が全員出し終えてから終了。
亜希子は信じられませんが、顔射されてる間中ずっと口を開けたりしてたんです。
精子を口に頂戴!みたいな感じだったので、何人もの精子が口に発射されていました。
さすがに呑みはしなかったらしく、口の間からドロドロと出してましたけどね。

ティッシュで何人もの男たちに体を拭かれて、亜希子を風呂場へ連れて行きました。
放心状態の亜希子を座らせ、シャワーで体を洗ってやりました。
「頭が・・・変になりそう・・・・」
「そんなに興奮したのか?」
「うん・・・・」
「でもまだ終わりじゃないぞ?クンニ地獄が待ってるから」
「えっ・・・・」
「7人いるから何時間になるのかな・・・」
「そんなに?ダメだよ・・・・」
「その時は俺にギブって言えよ」
「ふにぃ・・・・・ねぇ・・・舐めたい・・・舐めさせて・・・」

ちょっとヒキ気味だった俺はフニャチンを引っ張り出し、亜希子は夢中でしゃぶりだしました。
いつも以上に激しく「おえっ」てなるぐらい深く深くディープスロートしてました。
少ししゃぶらせて「皆が待ってるから」と切り上げ、亜希子を裸のまま連れて行きました。

既にブルーシートは回収されていて、今度は真ん中にベッドがありました。
順番は決まっているので、その順にクンニが始まりました。
制限時間は30分まで。
次の人はウェットティッシュで拭いてクンニ再開。
終わった人達は別に取ってある部屋へと出ていきます。
俺は近くの椅子に座って、煙草を吸いながら亜希子を見てました。
初めのうちは俺を意識して見つめてきてましたが、途中からはもう我を忘れてましたね。
クンニが上手いと豪語していた男より、ほぼ童貞です!といってた若い子に亜希子は反応してました。
腰の辺りをビクつかせながら、声を押し殺して昇天してたみたい。
指入れは禁止なので全員がひたすら舐めまくってる光景は、もうこの世のモノとは思えませんでした。

何度昇天したのか、結局クンニ地獄は2時間ちょっと続きました。
最後は俺に「もうホントにダメ」と声にならない声で訴えてきて終了です。
最後の1人が舐めてた途中でしたから、丁度良い時間だったのかも。
シャワーで洗ってやると、ヒリヒリすると笑ってました。
舐められ過ぎてオマンコ周辺が赤く充血してましたからね。

その後少しの休憩を入れて、近くの居酒屋へ行きました。
もちろん亜希子も一緒で、この時の反応も実に楽しいもんでした。
亜希子はこの精子ぶっかけ&クンニ大会を気に入りました。
いろいろと準備もあるので頻繁にはできませんが、今までに4回も実施してます。
同じようなメンバーが集まるので、最近ではちょっと和やかな雰囲気になってますが・・・
それでもこの刺激は脳裏に突き刺さると亜希子は喜んでいるようです。

こんな変態ですけど、彼氏は全く知らないんですよね。
亜希子も「彼氏とは結婚したい」と言ってましたし、彼氏もそんな気らしいです。
詳しい事は書けませんが、彼氏は女子に人気のある職業で、収入も普通以上にある男。
罪の意識はかなりありますが・・・亜希子は俺と出会えた事を喜んでくれてるし・・・
まぁ今だけのお遊びだと割り切って遊んでます。

もっと変態な彼女やセフレがいる方、ドンドン書き込んで教えて下さい。
最後までお付き合い下さり有難う御座いました。

終わり。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:出会い系体験談

AV女優"明日花キララ"が贈る脳内支配し奴隷化する禁断のセックスバイブル

ブサイクが女を抱くにはこの方法が1番イイ!!

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ