酔うと豹変するコンビニ店員①

先週金曜日の話です。
うちの下にはコンビニがあり、独り暮らしの俺にはありがたい存在。
しかもそこでバイトしてる女の子でモロに好みな女の子がいます。
かれこれ1年以上前だったと思う。
雑誌買ったんだけど、帰って見てたら中が破けてたんですよ。
1ページだったら別にイイかと思いますが、5~6ページ破かれてたんです。
何かの特集なのか丸ごとゴッソリ。

だから言い難かったけど店に持って行きました。
その時対応してくれたのがその好みの女の子です。
同じ雑誌が無いので後日部屋に届けてくれて、それ以来挨拶や軽く会話する間柄になりました。

それで先週、その子と居酒屋で偶然出会ったんです。
個人経営の小さな居酒屋で、奥の座敷にその子はいました。
友達らしき女の子3人と来てて、俺も男友達3人と。
初めは挨拶だけで特に何もありませんでしたが、友達が喋り掛けてから一緒に呑む事になったんです。
知り合いなんだからイイじゃんと強引に。

内心俺は嬉しかったわけです。
その時初めて名前や年齢も知ったし、実は俺より1つ年上だったのにはビックリしました。
小柄で童顔だったから、普通に年下だと思っていたので。
彼女の名前はアキナ、年齢は22歳。コンビニの制服からは想像できない実は巨乳ちゃん。
知り合いという事で俺はアキナちゃんと喋り、友達は残りの女の子とうまくやってました。

「今日は俺たちがゴチるから飲んじゃってイイよ!」
友達の一言で、女の子達は目の色を変えました。
全員バイトしかしてないから貧乏らしく、それからは遠慮なく呑みまくりです。
焼酎のボトルを入れてガンガン飲み始め、数時間後にはみんな普通に酔ってました。
アキナちゃんはじょじょにテンションが上がり始め、シラフの時とはまるで別人のようです。
シラフの時は大人しいどちらかというと静かな感じだったのに、酔い出すとオヤジみたいなんです。
ガハハ!と笑い俺の腕をバシバシ叩くし、なぜかやたらとボディータッチが多い。
それを見ていた友達は「お前今日イケるんじゃね?」と言っていました。
実際そんな感じに俺も思えてたし。

友達も女の子を持ち帰りしたいらしく、店を出てカラオケに行きました。
そこでも呑みは続き、バカ騒ぎしまくりです。
友達が抱き付いたりしてもギャーギャー笑ってるし、一瞬オッパイを揉んだりしてるのも見ました。
そんなわけで自由行動に移り始めたんです。
まずは友達1人がトイレに行った女の子を連れ出したみたい。
「戻ってこないなぁ~」と確認に行った2人もそのまま消え、気が付けば俺とアキナちゃん2人だけ。
アキナちゃんは1人で歌いまくりなので、俺は黙ってその光景を見てました。

「ねぇ~ねぇ~みんないなくなっちゃったんだけど」
「えぇぇーーっ!もう帰るの?呑み足りなぁ~~いっ」
「じゃこれ全部呑んでイイから」
「いぇ~~いっ!一気しよっ!一気!!」

仕方なく一気に付き合ったのがダメだったらしく、呑み終わって10分も経たないうちにアキナちゃんが歩けなくなりました。
会計をして外にでたはイイものの、アキナちゃんをどう帰すか悩みます。
うちに連れて行くわけにもいかないし、変な事になったらコンビニ行き辛くなるし。
聞いてみると隣の駅近くで独り暮らししてるというので、そこまでタクシーで送る事にしました。
歩けないからそのまま部屋まで連れて行き、女の子のニオイがプンプンする部屋に入りました。
ぬいぐるみが沢山あっていかにも女の子の部屋って感じ。
帰りたくないからベッドに寝かせた後、お茶を勝手に出して呑んでました。

30分ぐらい経過したと思います。
いきなり起きたかと思ったら、突然俺に文句を言い出しました。
「何独りで呑んでんのよっ!アタシにもちょうだい!」
「これ酒じゃなくてお茶だけど?」
「んもぉ~~お酒ちょうだい!」
「歩けないくせにもうダメだよ」
「なにぃぃ??」

すわった目で俺を睨み、ハイハイしながら寄ってきました。
何するんだろうと思っていると、そのまま俺の方にやってきていきなり抱き付いてきたんです。
んぐぐっ・・・となって後ろに倒れ込んでしまいました。
アキナちゃんはそのまま俺の上に覆い被さったまま、「んんー」と唸り強く抱き付いてきます。
何がしたいのか分からずそのままにしていました。

「おっぱい攻撃ぃーっ」
そう言いながら俺の顔をオッパイの谷間で挟み、ブルマがやっていたパフパフをしてみました。
なんという幸運・・・柔らかい巨乳の感触を顔に感じ、無性に興奮してきちゃいました。
勃起し始めた俺のチンコの上にはアキナちゃんの太もも。
わざとなのか分からないけど、その太ももがグイグイ当たるんです。
しかも時々「うぅんっ」みたいな喘ぎ声っぽいのも聞こえてた。
何してんだろうって思いながら、コンビニ行けなるなるから・・・でも揉みたい・・・と葛藤してました。

「んはぁ・・・疲れたぁ・・・」
パフパフが突然終わり、その代わりに今度はそのままの体勢で俺に抱き付いてきました。
ホホや耳にアキナちゃんの肌を感じます。
ハァハァ息切れしてるもんだから、その息遣いが耳に当たってかなりヤバめ。
我慢ギリギリの俺は、とうとう軽くお触りをしてしまいました。
腰を抱き寄せアキナちゃんの耳付近に口を近づけ、大丈夫?酔ってる?などと喋り掛けました。
喋るのが目的じゃないから、しっかり耳に吐息が当たるよう調整して。

つづく

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:エッチぃ体験談

AV女優"明日花キララ"が贈る脳内支配し奴隷化する禁断のセックスバイブル

ブサイクが女を抱くにはこの方法が1番イイ!!

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ