性欲を持て余す美人妻④

菓子パンを朝食代わりに食べ、結局またエッチ再開という流れ。
夕方まで今度はゆっくり互いの体を味わい、その時初めてユマのオマンコを見ました。
薄い陰毛に覆われたオマンコは、触らなくてもすぐ濡れてきます。
臭マンでも無いので俺はクンニしまくりでした。
シックスナイんで舐め合った時、ユマは俺のアナルの方まで舌を伸ばしてきたのにはビックリ。
お返しにとアナルを舐めてやると、より喘ぎまくりでした。アナルがヒクヒクしてましたし。

この投稿の続きを読む »

カテゴリー:人妻熟女体験談 | コメント/トラックバック(0)

性欲を持て余す美人妻③

こんなにも激しく貪られた経験が無かった俺は、ちょっと戸惑いながらも必死で舌を絡めました。
ホホを触っていた手が後頭部へ、髪をモミクチャにされた後今度は背中へ。
背中をギュッとされたり軽く引っ?かれたりしましたが、ユマは俺の口の中を執拗に舐め回していました。
ちゅぽんっと口が離れて目があった時、今まで見てきたユマの顔とは全く違う妖艶なメスの顔がありました。
恥ずかしがりもせず照れもせず、挑戦的というかそんな表情です。
ベッドへ移動してキスをしながら互いの服を脱がせ、現れた巨乳に感動しました。
説明しがたいんですが・・・まるでマンガみたいな体だったんです。
腕とかムッチリしてたから体にも肉があるんだろうと思ってました。
でも脱いでみるとお腹周りや肩周りなどは超華奢なんです。
だけどお椀形の綺麗な形をした巨乳があり、二次元のようにミスマッチな大きさでした。

この投稿の続きを読む »

カテゴリー:人妻熟女体験談 | コメント/トラックバック(0)

性欲を持て余す美人妻②

確かに何度も呑んでて分かったんだけど、ユマは普通に弱くは無い。
ある一定ラインまで行くとご機嫌になり、そのまま継続するみたい。
酔っ払って歩けなくなったり吐いたりしたのを見た事無いし。
どうせ隣だしな、と思って俺もダラダラ呑んでた。
そしたら大学の友達から電話があり、テストの話をしなきゃいけない状況になったんです。
静かにしててね、と伝えて、俺はそのまま電話してました。
暇になったユマは初めのうちは静かにしてましたが、次第に飽き始めたらしくゴソゴソと部屋の中を詮索し始めたんです。

この投稿の続きを読む »

カテゴリー:人妻熟女体験談 | コメント/トラックバック(0)

性欲を持て余す美人妻①

去年までの2年間、俺は隣に住んでる人妻さんとエッチしまくりでした。
引っ越し当日に挨拶へ行ったのが初対面で、その後1年以上は特に接点はありませんでした。
大学に入ってから始めた家庭教師のバイトが、運良く高収入だったんです。
テストで順位が上がればボーナスもらえたし、テスト前になったら惜しげもなく授業を頼まれてたし。
教えてた子が受験に合格して最後のボーナスをもらい、2年弱でかなりの額を稼ぎました。

もう卒業するまでバイトしなくてもイイかなと思っていたので、バイトもせずパチスロ三昧の日々。
当時のパチスロは稼げる時はデカく稼げたし、友達と交代で高設定を打ち回したりしてたんです。
元手もあったせいか普通にバイトする以上は稼いでました。

ある日大学の友人に言われて、初めて住んでいる駅の近くのホールへ行きました。
食える機種があるって事で行ったんですが、そこでバッタリ出会ったのが隣の奥さんです。
隣に座ってて声を掛けられるまで分かりませんでした。
奥さんもかなりスロットをするらしく、その日から会えば軽く会話を交わすようになっていきました。
今日はあそこに設定が入ってるとか、全部ダメだとかそんな話ですね。

喋ってみて分かったんですが、この奥さん俺と同じ年齢だったんです。
高校卒業後、就職した会社で旦那さんと出会い、そのまま結婚したとか言ってました。
まだ子供もいなくて日中は暇だから、こうしてパチスロやってるんだって。
旦那さんの稼ぎが良かったんでしょうね。
負けたりするから頻繁に行ってる事は内緒にしてるみたいでしたが。

この人妻さんのスペックを書いておきます。
ユマ20歳、旦那さんは9才年上。
身長は160cmぐらい、普通体型でモッチリした白い肌。
後に分かった事だけど、Eカップの美巨乳さん。
見た目はちょっとヤンキーちっくな雰囲気はあるものの、友達みんなが『美人』だというレベル。
黙ってれば小西真奈美に似てる顔立ちなんだけど、喋り出すとヤンキーちっくになるんです。
みんな「あの人喋らなきゃモテるよな」って言ってました。

俺が行けばユマもいたので、ホント暇さえあればスロットやってたみたい。
でも会うたびに見てると負けてる感じがしてたから、時々高設定らしき台を譲ったりもしてた。
パチ屋で会って2ヵ月ぐらいしてからだと思う。
夕方その店に行ってみると、ユマが万枚突破してる光景に出会った。
閉店後に『ちょっと呑みに行こう』と誘われ、2人で初めて呑みに行った。
まぁ~今日の興奮を誰かに喋りたくて仕方が無かったんだと思う。
調子良く酔っ払ったユマを開放しつつ、俺たちは同じマンションに帰っていった。
実はこの時、歩きながら何度も巨乳が俺の腕に当たってきて、今まで感じた事の無いドキドキ感を味わってた。
酒を飲むと警戒心がなくなるみたいで、何度が腕を抱き締めるような形にもなってたし。

お隣さんだから変な事にはならず、その後2回ほど呑みに行った。
同じ歳ってのもあったせいかだんだん仲良くなっていって、軽い下ネタも喋る様になってた。
29歳の旦那さんは仕事で忙しいらしく、結婚してから半年もしないうちに軽くセックスレスらしい。
『レスってどのくらい?』
『えぇ~~2週に1回とか?!』
『それレスじゃねぇ~し!』
『少ないでしょ~最低週1は無いとね』
『アホかw』

酒を飲むとホント喋ってくれるので、何気にユマのエッチ好きも分かり始めてた。
なんせ毎晩でもしたいみたいでスロット打って忘れてるんだって言ってたなぁ。
それで3回目に呑んだ日、気を許してるのか知らないけど、俺にオンブしろとか言ってきた。
『歩けないからぁ~~』とオネダリされて、結局マンションまでオンブするハメに。
巨乳が背中に当たってるのはお構いなしみたい。
むにゅむにゅと巨乳が当たり、当然俺はムラムラしっぱなし。
それに加えて『ふぃぃ~~』とか溜息交じりの声を耳元で発するもんだから大変。
その頃数ヶ月前に彼女と別れてた俺には、刺激的過ぎる行為でした。
もしかしたらもうその頃から、ユマは俺とセックスしたかったのかもしれませんけどね。

それから1~2週間した金曜日の夜、洗濯物をベランダで干してたんです。
確か23時頃だったと思う。
そしたら隣のベランダにユマが出てきて、『今日は打たなかったの?』と話し掛けてきた。
出なきゃいけない授業があって・・・とか返すと、なにやら今日も大勝ちしたという。
羨ましいねぇ~と話を聞いてたんだけど、なぜか『これから呑もうよ』的な流れになっていった。
『どこ行く?』『そっちでもイイよ』『うちで?』『うん、楽じゃん』『まぁ~イイけど』『じゃすぐ行くから』
トントン拍子でそんな流れになって、しばらくしてユマがやってきた。
両手に焼酎とウーロン茶を持ってて呑む気満々。
しかも部屋着なのかショートパンツにロンTというラフな格好。

布団の無いコタツテーブルを囲みながら呑み始め、今日の戦果を聞かされた。
途中で気になったから『ねぇねぇ、旦那さん大丈夫なの?』と聞いてみた。
『だって今日帰ってこないもん』
『あっそうなんだ。出張?』
『そそ、明日の夜まで帰ってこないよ』
いくらお隣さんでも、呑みに来てるのを見られたらヤバいですからね。
安心した俺はユマの話にほろ酔いで付き合い、ユマもいつも通りガンガン呑んでた。
当然だけど2時間ぐらいで酔い始めたユマは、横になったりしながらくつろぎ始めた。

『寝るならちゃんと帰りなよ』
『寝ないからだいじょ~ぶだって』
『だってもう寝そうじゃん』
『そんな酔ってないし』

つづく

カテゴリー:人妻熟女体験談 | コメント/トラックバック(0)

酔って寝てる彼女に入れる②

そしたら当然のように彼女は寝返りをし、横向きになってしまった。
どうにか指を入れたままで体勢を整えたが、危うく指が折れるかと思ったほと痛かった。
横向きになったせいで手マンしやすくなり、徐々に指の動きを早めてみた。
普通に寝息が聞こえているが、オマンコは素直な反応を見せてくれた。
汁がドンドン溢れてきていて、気が付けばベチョベチョになるほど。
指を2本にしてみると、想像以上に体が応えてくれてた。

この投稿の続きを読む »

カテゴリー:エッチぃ体験談 | コメント/トラックバック(0)

酔って寝てる彼女に入れる①

友達にはよく「変態だな」と言われる俺の性癖。
それは、女が無我夢中にエロくなってる姿が大好き、というもの。
そんなもん普通だろ?って思うんだけど、あまり周りには理解されないw
そんな俺が昔からハマってる行為がある。
それは「爆睡してる彼女にこっそり入れる事」

この投稿の続きを読む »

カテゴリー:エッチぃ体験談 | コメント/トラックバック(0)

犬が女子校生のスカートめくり

友人の飼っている犬の話です。
ミニチュアダックスなんですが、現在子供も産んで合計3頭います。
お母さんがそうだったからなのか・・・
すごいワザをこの3頭は披露してくれるんです。
その名も「女子校生のスカートめくってペロペロする!」というw
犬が女子校生のスカートめくってペロペロするなんてと思うと思いますが、マジでやるんです。

だいたい犬ってのは歩いているだけでも可愛いもんです。
散歩してると全く知らない女の子達が話し掛けても来ます。
犬をネタにナンパするなんて昔流行ってましたが・・・
それは今でも十分通用すると思います。

この投稿の続きを読む »

カテゴリー:エッチぃ体験談 | コメント/トラックバック(0)

初対面の男たちにクンニされる女③

「おい見てみろよ、ほら、周りで皆がシゴいてるぞ」
「いやぁぁぁっっんっ・・・なにこれっ・・・んはぁぁぅぅっ・・・・あぁぁんっっ!」
3人のオヤジに舐められて悶絶する姿を見ていた男たちは、我先にと亜希子の体に近付いてシゴいていました。
そのチンコを亜希子はガン見していて、自ら手を広げて床にベッタリつけていました。
「興奮してるんだろ?これがやりたかったんだろ?」
「だめぇぇっっ・・・んぁっ・・・したかったのぉぉっっ!いやぁぁっっんっ」

この投稿の続きを読む »

カテゴリー:出会い系体験談 | コメント/トラックバック(0)

初対面の男たちにクンニされる女②

正常位でそのままゴム射した俺は、しばらくキスをして余韻を楽しんでました。
それで抜いてからティッシュで拭こうとしたら、その前に亜希子が動いてきてチンコをパクリ。
俺の顔をチラチラ見ながらお掃除フェラを始めちゃったもんだから、もう堪らん気分でした。
玉袋の方にまで丁寧に舌を伸ばし、ホントに掃除する感じのフェラには感動。
「こんなに良かったのって初めてかも・・・」
「気を使わないで済んだからじゃない?」
「そうかも・・・なんかぁ~お風呂場でもうどうでも良くなっちゃったし」
「あの時はイキ過ぎだろ」
「何回イッたか覚えてないもん」
「これからも舐めてもらいたい?」
「うん・・・」
「じゃ~セフレじゃん」
「それでもイイ・・・・だめ?」
「毎回俺の精子呑むならイイけど」
「イイよ~飲んであげる」

この投稿の続きを読む »

カテゴリー:出会い系体験談 | コメント/トラックバック(0)

初対面の男たちにクンニされる女①

この板見てるとホント変態な女って実はいるもんなんですねぇ。
俺のセフレが猛烈に変態過ぎるのかと思ってました。

失礼しました。
それじゃセフレの軽い変態話を投稿します。
セフレの名前は仮名で亜希子、ちょっとだけ矢田亜希子似だからという事でw
あんな美人じゃないですよ。
23歳のいたって普通のOLさんです。
彼氏はいます。確か4年ぐらい付き合ってるとか聞いた事あります。
体型はまぁ~普通か少し痩せてる方ですかねぇ。
160センチぐらいで胸はDカップです。

この投稿の続きを読む »

カテゴリー:出会い系体験談 | コメント/トラックバック(0)

このページの先頭へ